挙式の流れ

キリスト教にはカトリックとプロテスタントがありますが、ホテルや結婚式場で行われるキリスト教式の挙式はプロテスタント式です。ですので、プロテスタント式の流れを解説します。

1.牧師と新郎の入場

挙式参列者は事前に会場入りして待機。

 

そこへ、牧師と新郎が入場します。新郎は祭壇まで辿り着いたら、振り返り入り口を向きます。

2.新婦と新婦の父親の入場

牧師が式の始まりを宣言したら、参列者は全員起立して新婦を迎えます。

 

新婦と新婦の父親は腕を組み歩を合わせて、ゆっくりとバージンロードを歩き新郎の左側に立ちます。新婦の父親は新郎に一礼して新婦を引き渡し着席します。

3.讃美歌斉唱

全員起立したまま、讃美歌を斉唱します。

4.聖書の朗読と祈祷

牧師は聖書の一部を読みあげるので、全員頭を下げて神に祈りを捧げます。続いて牧師が結婚の意義とお祝いの言葉を述べます

5.誓約式

牧師が永遠の愛を誓う誓約分を読み上げ新郎と新婦に「誓いますか?」と問いかけますので「誓います」と答えます。

 

媒酌人がいる場合は、立会人として新郎新婦の横に立ちます。

6.指輪の交換

牧師から結婚指輪を受け取り、新郎新婦の順に指に指輪をはめます。

7.誓いのキス

新郎が新婦のベールを上げて新婦にキスをします。

8.結婚誓約書に署名

新郎新婦の順に誓約書にサインします。

9.祈祷と宣言

牧師が新郎と新婦の手を重ねて祈りを捧げます。

 

そして、神の名のものにふたりが夫婦となった宣言をします。

10.讃美歌斉唱と祈祷

全員起立して讃美歌を斉唱します。続いて牧師が祈りを捧げます。

11.退場

新郎新婦は腕を組んでバージンロードを歩いて退場します。
(媒酌人は後に続く)

 

牧師が式の終わりを告げた後、参列者は退場します。