キリスト教式(結婚式)の流れや特徴


神聖な雰囲気のキリスト教式

憧れの純白のドレスに身を包み、バージンロードを歩く挙式です。
一つ一つの儀式に意味が込められています。

キリスト教信者以外でも挙式は可能

憧れの純白のウエディングドレスでバージンロードを歩く感動のセレモニーです。
キリスト教は大きく分けて二つあります。
カトリック(旧教)と、プロテスタント(新教)があります。
カトリックの場合、二人のどちらかが信者でなければ教会での挙式はできません。
プロテスタントの場合は、事前に結婚講座をを受け、礼拝に出席すると、信者以外の人でも挙式ができる場合があります。


教会で挙式をする場合、ヘアメイクやドレスを自分たちで手配しなければならず、挙式後の披露宴会場も別に探さなければなりません。
ホテルや結婚式場では、チャペルを併設しているところが多く、信者以外の人でも式を挙げることが可能となっています。
人気があるのは、重厚な独自のチャペルや、太陽の光が天窓から降りそそぐチャペルなど、趣向を凝らした魅力あるチャペルです。

キリスト教式

特徴

愛を神の前で誓う神聖な儀式です。
親や親族だけでなく、友人も参列できます。
新郎新婦を祝福するため、聖歌隊がゴスペルを歌うといった演出もあります。

宗教

キリスト教

場所

ホテル、式場のチャペル、教会

注意

信者ではない場合教会によっては、事前に結婚講座を受ける必要があります。

バージンロードの歩き方

新婦と父親は左、右、右、左、左、右へと足並みをそろえ歩を進めます。


一般的なキリスト教式の挙式の流れ

①入場

新郎と牧師は先に入場し、聖壇の前で新婦を待ちます。 父親の右手に手をかけて新婦はバージンロードを歩き、入場します。 聖壇前では、新郎の左側に立ち、父親は席につきます。

②賛美歌斉唱

全員が起立し、讃美歌を斉唱します。

③聖書朗読・祈祷

聖書の一節を牧師が朗読し、結婚や愛についての教えを説きます。 そして神に祈りを捧げます。

④誓約

新郎新婦に牧師が結婚の誓約を問いかけます。 新郎新婦はその問いかけに答える形で、結婚に対する決意を誓います。

⑤ベールアップ

新婦の顔にかかったベールを新郎が上げ、誓いのキスをします。 指輪の交換の後に行う場合もあります。

⑥指輪の交換

新婦の左手薬指に新郎が指輪をはめます。 そしてつづいて新婦が同様に新郎の左手薬指に指輪をはめます。

⑦祝福と祈祷

新郎新婦二人のために牧師が神への祈りを捧げます。

⑧誓約書への署名・結婚宣言

二人が誓約書に署名し、結婚の成立を牧師が宣言します。

⑨賛美歌斉唱・祝祷

全員起立し、讃美歌を歌います。 最後に神への祝福を牧師へ祈りを捧げます。

⑩退場

結婚行進曲が流れ、新郎新婦が腕を組み、退場します。



結婚に関することなら私たちに全てお任せください。
衣装、美容、美のエキスパートが全力でお客様の理想のブライダルをお手伝いします!
お客様にとって大切な最高の1日を体験して頂くために、少数精鋭のチームワークで働いています!お式当日、主役のお2人がより一層輝く事ができる様、精一杯お手伝いさせて頂きます。一緒に楽しい時間を過ごしましょう。沢山のお衣裳と共にお待ちしております。お客様が選ばれたお衣裳を気持ちよく着て頂けるよう、衣裳部として日々努めております。是非、芦田ブライダルの素敵なお衣裳を見に来て下さいね。